忍者ブログ
Admin*Write*Comment
八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(そりゃ、このときはまいりましたよ。)

 先日、このブログに記事を書いて以来、また日が空いてしまった。

 その間にまさか本当に先日書いた対応力を試される機会が、すぐに訪れるとは思いもしなかった。

 2月21日に予定されていたNYでのチャーリー太田の試合は、相手選手のフィジカルに異常が見つかりキャンセルとなってしまった。

 その際は皆沈んだ。

 けれどすぐに思った事は、それでも来る予定を立ててくれた人達の為に、せめて当日のチケットを数枚確保しようと思った事だった。

「皆、もう既にチケットは買ってるんだヨ。」

 チャーリーが教えてくれた。嗚呼、皆さん、試合が出来ず本当に申し訳ない、、、

 しかし、その計量時に知らされた1週間後の3月1日、NYの北にあるフォックスウッズ・カジノにて行なわれる試合出場の可能性に、気持ちを盛り返させてもらったのもまた事実。

 チャーリーより大きな舞台に登場するチャンスを得れる可能性が出来たのだ。

 そのイベントならばモチベーションも維持出来る。ラッパー兼プロモーターの50セントがディベラプロモーションと共同プロモートすることで異色の注目を集める同興行、発表されて以来、自分もチャーリーも気にはなっていた。

 まさかその後に自分達が登場する可能性があるとは。何が起こるか分からないモノである。


 
 いろいろな事が細かく、大きくあったけれど自分達はこの日の興行に出場するチャンスを掴む事が出来た。決して簡単に入り込める興行ではなかったのは確かな事だ。

 それでもねじ込んでいけたのは、僕の力がついたから、ではもちろんない、残念ながら。

 周りの人達がいろいろと動いてくれたのだ。自分はただ邪魔をせず、しかし予想を立てて静かに動いただけ。そしてチャーリーが我慢し、信じ、トレーニングを続けていたからこそ。

 失うモノは少なからずあった。全ては未来を切り開く、そのチャンスを得る為だ。嗚呼、無理だったらどうすればいい、、

 それもまた経験となり、勘違いしなければ糧となって皆に積み重なるはずだと思った。ギリギリだからこその緊張感ある対応ができたと思う。これは間違いなくチャンスなのだ。


 そして自分達がNYで残って勝負する事が出来たのは、日本で自分達の穴を埋めてくれているスタフや練習をがんばる選手達がいるからこそ、だと言う事をとても感じている。個人で大切な用事があったにもかかわらず、それを諦めて仕事に専念してくれたスタッフもいる。

 皆、本当にありがとう。でも、出費が激しすぎてお土産は買ってあげられそうにないけれど、、

 代わりにおっきなチャンスを掴む、きっかけを掴んできたいと思います。

 今日、試合の為の最後の検診をチャーリーが受けて来た。後は計量、試合を迎えるだけだ。

 と、思っていたら今、プロモート会社からもう一つ検査を受けてくれと電話があった。嗚呼、後少し、後少し、、、

 NYの外はまだ寒い、日本もやはり寒いのだろうか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新コメント
[02/10 雨蛙]
[12/19 紺野 幸子]
[12/12 テスト]
[12/12 テスト]
[12/11 中屋ファン]
  • プロフィール
HN:
issei nakaya
性別:
非公開
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • 忍者アナライズ
Copyright © 八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]