忍者ブログ
Admin*Write*Comment
八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽
[18]  [17]  [16]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 チャーリーに何としてもアメリカで試合をさせてあげたい。

 1月の試合をアメリカ側のプロモーターに依頼している。

 2年前は本人の希望があり多くのタイトルマッチを日本で行なった。経済的にはきつい事もあったけれど、チャーリーは結果で答えてくれた。

 今年は3月にとうとうアメリカデビュー戦を行なう事が出来た。NYシティのど真ん中、マディソン・スクウェア・ガーデンのシアターにて、セルジオ・マルティネス、HBOのアンダーカードでの試合。見過ぎではあったけれどもTKOで勝利。

 しかし狭き門を目指すが為、結果を出すのみでは十分ではなく、その影響もあり後のアメリカでの試合は話しが出ては消え、試合が中々行なえない日々が続いていた。

 11月にチューンアップ戦として日野市で試合を行ない、タイトルを持つスーパーウェルター級、からウェルター級まで戦える事をみせたチャーリー、アメリカ人にとっては大切なクリスマスを跨いでも構わなからと試合を望んでいる。

 チャーリーが望むその道は世界中のボクサーが目指し、憧れる舞台だ。だからこそ、その競争率は激しい。

 荒川も淵上も世界タイトルに絡む試合を海外で行なえたが、本当の意味での世界、その中心、メジャーの地で戦ったのはチャーリーだけだった。

 自分が海外に出た際一番名前を聞かれたのが、世界線を行った淵上でもなく、挑戦者決定戦を行った荒川でもなく、チャーリーだった。別に彼の名が発音しやすかったからではない。

 チャーリーはわかっている、戦うこともボクサーの仕事だけれど、待つこともまたボクサーの仕事なのだ、ということを。

 だからこそ、彼が何を待っているのかを示してあげることが、自分の仕事なのだと思う。

 今、八王子中屋ジムの一番の目標はチャーリーの試合を決めることだ。できるならばNYのかりはNYで返したい。

 決して自分が住んでた場所にまた行きたいわけではない。いや、それもあ、、、


 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新コメント
[02/10 雨蛙]
[12/19 紺野 幸子]
[12/12 テスト]
[12/12 テスト]
[12/11 中屋ファン]
  • プロフィール
HN:
issei nakaya
性別:
非公開
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • 忍者アナライズ
Copyright © 八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]