忍者ブログ
Admin*Write*Comment
八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽
[16]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



本日、3週間ぶりにジムに戻って来た、ああ、寒い。

引っ越してから物を片付けていない状態でジムを出てしまったから、いろいろと溜まっている。これだ、これ、まず自分がやらないといけない事は。

カレンダーが完成した。


(皆、笑ってますな。)

本来は11月の中頃、沖縄に出る前に終えている予定だったのに、やはりずれ込んでしまい、結局は日本に帰って来てから昨日完成した。

日本に帰って来て以来カレンダーは自分が制作しているのだけれど、少しずつ、確実に制作するのが大変になって来た。時間やエネルギーの使い方を考えないといけなくなってきたんだと思うんだ。

最初に制作したのは帰って来た年の2010年だった。


(何故バックが宇宙だったのか、特に意味はなかった)

この頃はまだ誰もタイトルを獲得していなかったが、荒川、淵上、チャーリーが日本で1位となり指名挑戦者として次の年に向かおうとする挑戦目前の年だった。経済的にはかなり苦しかったのを思い出す。今はスケールが大きくなり苦しくなっている。

そして日本タイトル獲得ラッシュとなった2011年


(爆発、みたいな)

この年は指名挑戦者達がそれぞれしっかりとタイトルを獲得し、ジムが爆発したような年だった。防衛戦もしっかりとこなし、3王者が東洋王者ともなり、新たにデビューした選手達も加わって盛り上がった年。実はこの年、八王子中屋ジムは日本のプロボクシングジムで勝率、KO率、全国No,1だった。

そして挑戦、その為の我慢の年だった今年、


(真剣な顔そのまま、我慢の年でもあった気がする。)

海外での試合を中心に我慢することしきりだった。B級でデビューしたアマチュアキャリアのある新人達や、同世代の野崎がユースタイトルを獲得したのは嬉しい事だった。
その反面、それ以外の選手達が特別な結果を残せず底上げ出来なかったのは、トップの選手達に注ぐ力が多くなっってしまったことと無関係ではないはずだ。

今年は改めてしのぎを削り合いながらも、笑顔でがんばっていけたらと思う。そこに結果を求めなければならない事がこの仕事の苦しくも素晴らしい所だ。

肩書き的には制作の中心にいていいのかとは思いつつ、出来る限り関わりたいとも思っている。つまりもっとやらなきゃならない事があるのではないか、

この無駄とも思えるこだわりが、どこかで今のジムの力と重なっていたりもする、と信じたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新コメント
[02/10 雨蛙]
[12/19 紺野 幸子]
[12/12 テスト]
[12/12 テスト]
[12/11 中屋ファン]
  • プロフィール
HN:
issei nakaya
性別:
非公開
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • 忍者アナライズ
Copyright © 八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]