忍者ブログ
Admin*Write*Comment
八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽
[19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のジムは写真撮影。

先月、沖縄でWBCユース世界バンタム級王者になった野崎雅光のパネル写真のためだ。

後楽園ホールではなくジムに飾るためのパネル写真、暗黙の適度なルールがあるホール用の写真と違って、ジムだけのならばある意味、撮影は自由だ。


(いや、いや、いや、自由ってそんな意味ではないでしょ。)

全日本新人王となり、日本ランカーとなった野崎のまさはその空間を自在に操るような動き、”八王子の小天狗”としてあだ名を襲名した。決して無理やり名付けたわけではない、はずだ。

そして2年前、今や良い思い出となったメキシコ修行の旅に出た野崎まさ、その修行の旅に携えさせたのがこの天狗のお面だった。

わざわざ高尾山のご協力を得て制作したこのお面、元々はトサカのあるただの烏天狗のお面だったが、これをベースに改めて制作してもらったのだ。


(からすが、、)


(烏天狗に)

震災後のまだまだ大変な時期だった。

その際に決断したメキシコ修行、試合の旅、荒川も練習させるため、準備が大変だったのを覚えている。あいさつ回り、航空券、メキシコ側とのコンタクト、その他国内の試合準備、などなど

結局お面の制作は出発には間に合わず、メールやテレビ電話を通じてメキシコからイメージを伝え、その後に持ってきてもらった。

なぜ、大変な時期にこんなものを制作したのかといえば、何でだろ、、

きっと何か象徴的なものを携え、何かを背負って挑戦したかったのだと思う。そんな覚悟が必要な時だったんだ。

多分、このお面にはまさよりも自分のほうがずっと思い入れがあるはずだ。沢山の意味を込めて制作したこのお面、あの時のことを改めて思い出す。

思い出す、、

ふ、2つくらいしか思い出せん、、

たくさん込めて、残ったものが本当に大切なこと、としておこう。

今度のお面の出番は来春前あたりである。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 最新コメント
[02/10 雨蛙]
[12/19 紺野 幸子]
[12/12 テスト]
[12/12 テスト]
[12/11 中屋ファン]
  • プロフィール
HN:
issei nakaya
性別:
非公開
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • 忍者アナライズ
Copyright © 八王子中屋ジム プロモーターの喜怒哀楽 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]